ホーム » プロミスの体験談 » 

プロミスの面白いサービスについて

読了までの目安時間:約 2分

消費者金融の大手として知られているのがプロミスですが、実は面白いサービスを提供しています。それがポイントサービスになります。しかし、こうしたサービスはどんなことにポイントを使うことができるのか、ということが重要になっているでしょう。それが二つあり、一つは無利息サービス、もう一つは提携ATM手数料無料サービスになります。この後者のほうがポイント数も少なくて済むのでお勧めできる要素が強くあります。具体的にいいますと40ポイントが必要になります。具体的にどんなことであるのか、といいますと申込日から翌月末日までの間、提携ATM手数料が無料になる、ということです。こうしたサービスを提供しているのが、プロミスなのです。単純にお金を貸すだけ、ということではなく、面白いサービスをやっているところは使い方次第で非常に有効的になることでしょう。もう一つ大事なこととして、30日間の無利息サービスです。これは初回の人のみではありますが、十分にメリットがあるサービスであるといえるでしょう。金利は最低で4.5%とかなり低いタイプの消費者金融です。もちろん、金利はその人によって違うわけですが、決して悪くはないといえるでしょう。

プロミスの審査基準を知りたい人の豆知識

読了までの目安時間:約 2分

プロミスの審査に申し込もうと考えているなら、その前に審査の基準を理解しておくと良いでしょう。プロミスを始めとして消費者金融でも、審査通過のための基準は公表していません。ただし、一般に知られるようになった基準もあるので取り上げましょう。審査申し込みには個人情報を提示します。この情報をもとに「属性スコアリング」と呼ばれる機械審査が行われます。勤務先企業の安定性や勤続年数、お住まいの形態や居住年数で、返済能力の判断ができるからです。勤務年数が長ければ安定した収入があるとわかりますし、居住年数が長ければ家賃の支払いが順調であると判断できます。さらに、年収をもとに判断する項目があります。貸金業法では年収の1/3以上の融資を行ってはいけないと定めています。そのため、信用情報を紹介して、現在の借入総額と事前情報で得た年収をチェックし、融資が可能な状態であるのかを確認しています。また、信用情報では何社からいくらの借り入れがあり、その返済が順調なのかどうかという情報を得ることもできます。始めは機械審査を行いますが、その後は審査を行う担当者によって、実際に融資をしても問題がないのか審査を行って、プロミスの利用可否を決定しています。

プロミスの契約の簡単な流れについて

読了までの目安時間:約 2分

プロミスの契約をしたときの流れですが、まず私は、プロミスの無人契約機にて契約に行きました。理由は、すぐに融資が行えることと、書類などが郵送されない方法が良かったからです。まず、自分の名前や住所を記入し、勤務している会社、その会社の住所や電話番号を記入しました。自宅は、携帯番号と自宅の番号両方を記入しました。どちらかでも問題ないようですが、信用を得るためには両方を記入するほうが良いときいていたので、両方記入することにしました。記入事項を書いたら、スキャンする場所がありますので、そちらに用紙を置いて少し待ちます。そうしたら、オペレーターの方から、電話がありますのでそちらで話をききながら進めていきます。先ほど記入した事柄についての確認や、より詳しいことを聞かれますので、ウソのないように正直に答えていきます。ウソを申告すると、審査に落ちる場合があるそうです。電話というのは、備え付けの受話器がありますので、それを取って進めるという形です。ちなみに、携帯番号を記入した場合は、確認のためにあちらから一度電話をかけてきましたので、携帯電話は忘れないように持参すると良いでしょう。あとは、免許証、年収が分かる書類をスキャンしないといけませんので、そちらの書類も忘れないように持参します。私の場合、年収がわかるものは、源泉徴収票を持参しました。無人契約機に着いてから約1時間くらいで審査が終わり、カードを発行できますので、急いでいる方はおすすめな契約方法ですね。

Hello world!

読了までの目安時間:約 1分

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー